読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

尻尾のない日記

イヌグラファーの日常

野外カラオケ / 涼む犬

f:id:inu_grapher:20170212081640j:plain

明るいうちからお酒を飲んでカラオケをたのしんでいる人たちがいた。

 

f:id:inu_grapher:20170212082028j:plain

怒られたことがあるのか、中へは入らない。入口に立つだけ。ずいぶん気持ちよさそうな顔をして涼んでいた。

 

2017年1月30日(月)

人懐こい犬 / 黒胡椒のガイヤーン

バンコク

f:id:inu_grapher:20170212075327j:plain

商店街に人懐こい犬がいる。たまにしか見ないからきっと普段は商店街の路地から一本入った辺りにいるのだと思う。人懐こい犬というのは、たいがい食べるものをあげたことがなくても人懐こい。この犬もそうで、私を見ると頭を低く下げてやってくる。食べるものよりも、撫でて欲しいみたいだ。

 

f:id:inu_grapher:20170212075342j:plain

ガイヤーン・ハーダーオで黒胡椒のガイヤーンを半羽買った。塩とライムで食べてみた。

 

2017年1月29日(日)

ウーと子犬 / ポテと母親

バンコク

f:id:inu_grapher:20170212071905j:plain

早朝、このあいだ会った子犬がいたので近付いてみた。前回と違いこちらへ駆けてくるようなことはなかった。ここの犬のグループはみんな警戒心が強いから、そういう大人たちから学んだのかもしれない。そうこうしていると、私のにおいでもしたのか隣人のウーがやってきた。子犬はウーには警戒心を見せなかったけれど、2頭はおたがいに人見知りをしているみたいな態度で、何だか可笑しかった。

 

f:id:inu_grapher:20170212072010j:plain

ポテが母親に甘えていた。大きな体だけどまだ1歳になったばかりの子供だ。

 

2017年1月27日(金)

赤い夕暮れ / 犬社会

バンコク

f:id:inu_grapher:20170212070448j:plain

夕暮れの遠くの空が赤くてきれいだった。バンコクでは珍しい。

 

f:id:inu_grapher:20170212070459j:plain

向こうのほうで野良犬たちが吠えているのを聞いて、真剣な顔で急いでそちらへ向かう。聞こえた吠え声にはどういう意味があったのだろう。

 

2017年1月25日(水)

二郎もどき / 屋根の上の親子

バンコク

f:id:inu_grapher:20170210205105j:plain

トンローのあるラーメン屋さんにラーメン二郎に似せたメニューがあると聞いて食べに行った。行こうと思っていたお店が夕方からだったのでしかたなくべつのお店に入ると、そこにもそういうメニューがあった。どうやらラーメン二郎に似せたメニューは人気があるようだ。ラーメン二郎には一度だけ行ったことがある。食べてみたくて友達に頼んで藤沢店に連れていってもらった。おいしかったけれどスープも麺も全部がくどくて完食はできなかった。今日食べたトンローの二郎もどきはくどくない二郎といった感じで、私にはちょうどよかった。おいしく完食できた。

 

f:id:inu_grapher:20170210205148j:plain

最近、夜になると親子でいることが多い。

 

2017年1月24日(火)

バンセンの海鮮 / シェイク屋台

バンセン

f:id:inu_grapher:20170210142715j:plain

バンセンで食べる海鮮は新鮮なのかとてもおいしい。以前ここで食べておいしかったイカと塩漬けにした茹で卵を一緒に炒めたものもまた食べられた。

 

f:id:inu_grapher:20170210142707j:plain

暑いから冷たくて甘い飲み物がおいしい。でも、少し飲みすぎかもしれない。

 

2017年1月22日(日)