フルーツジュースの棚 / 頭を撫でて欲しい犬たち

f:id:inu_grapher:20170313032259j:plain

紙パックのフルーツジュースの棚を眺めるのが好きだ。いろいろな果物のいろいろな色の紙パックが並んでいてたのしい。

 

f:id:inu_grapher:20170313032314j:plain

大柄で人懐こい犬がたくさんいるところ、ここを通るとかならず足を止める。犬たちは芝生の上にしゃがんだ私のところに代わる代わるやってきて、頭を撫でてくれとねだる。ねだられるのがたのしい。そうして、つい長居してしまう。

 

2017年2月3日(金)

ブーたちの歓迎 / タイのチャーハン

f:id:inu_grapher:20170312183105j:plain

ひさしぶりに自動車塗装工場のブーたちのところへ顔を出す。相変わらずの歓迎ぶりで、大いに喜んでくれた。

 

f:id:inu_grapher:20170312183127j:plain

カーオパットはめったに食べない。ただのチャーハンでおもしろみがない、もっとタイらしいものが食べたい。そう思い込み、めったに食べないカーオパットをたまに何かの拍子に食べると、そのおいしさに謝りたい気持ちになる。カーオパットはおいしいタイのチャーハンだ。

 

2017年2月2日(木)

子猫の態度 / 吠えない犬

f:id:inu_grapher:20170305015732j:plain

子猫はいつもの場所にやってくるとかわいい声でごはんを催促する。でも、いざあげようとごはんを持って近づくとシャー!と威嚇する。ずいぶんな態度だ。

 

f:id:inu_grapher:20170305015858j:plain

高速道路の脇の何もない道にいつも犬が何頭かいるところがある。何もない誰も歩いていないところに私が現れるわけだから、夜ともなるとずいぶん吠える。こういうときに、たいがい1頭か2頭、吠えずに寄ってくる犬がいる。好奇心が強いのか、近付いてきてさかんににおいを嗅ぐ。きっとほかの犬ににおいが着いているのだと思う。いろいろな犬のにおいを着けている人間は、彼らの目にはどう映るのだろう。

 

2017年2月1日(水)

ドンムアン空港

f:id:inu_grapher:20170305014240j:plain

ドンムアン空港は中国人観光客で溢れていた。飛行機はほぼ定刻通りに着いたのに母はなかなか出てこなかった。入国審査にずいぶん時間がかかったらしい。

 

2017年1月31日(火)

野外カラオケ / 涼む犬

f:id:inu_grapher:20170212081640j:plain

明るいうちからお酒を飲んでカラオケをたのしんでいる人たちがいた。

 

f:id:inu_grapher:20170212082028j:plain

怒られたことがあるのか、中へは入らない。入口に立つだけ。ずいぶん気持ちよさそうな顔をして涼んでいた。

 

2017年1月30日(月)

人懐こい犬 / 黒胡椒のガイヤーン

f:id:inu_grapher:20170212075327j:plain

商店街に人懐こい犬がいる。たまにしか見ないからきっと普段は商店街の路地から一本入った辺りにいるのだと思う。人懐こい犬というのは、たいがい食べるものをあげたことがなくても人懐こい。この犬もそうで、私を見ると頭を低く下げてやってくる。食べるものよりも、撫でて欲しいみたいだ。

 

f:id:inu_grapher:20170212075342j:plain

ガイヤーン・ハーダーオで黒胡椒のガイヤーンを半羽買った。塩とライムで食べてみた。

 

2017年1月29日(日)

ウーと子犬 / ポテと母親

f:id:inu_grapher:20170212071905j:plain

早朝、このあいだ会った子犬がいたので近付いてみた。前回と違いこちらへ駆けてくるようなことはなかった。ここの犬のグループはみんな警戒心が強いから、そういう大人たちから学んだのかもしれない。そうこうしていると、私のにおいでもしたのか隣人のウーがやってきた。子犬はウーには警戒心を見せなかったけれど、2頭はおたがいに人見知りをしているみたいな態度で、何だか可笑しかった。

 

f:id:inu_grapher:20170212072010j:plain

ポテが母親に甘えていた。大きな体だけどまだ1歳になったばかりの子供だ。

 

2017年1月27日(金)