読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

尻尾のない日記

イヌグラファーの日常

食器と市場 / 知らないバス

母が食器を買いたいと言うので知っているお店に行くことにした。オートーコー市場の向かい辺りにあるお店で、くまの遺骨を納めるのにベンヂャロン焼きを買い求めたお店だ。あのとき、私はお寺で火葬してもらい布に包んで渡されたくまの遺骨を1年以上そのまま…