読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

尻尾のない日記

イヌグラファーの日常

豪邸の犬たち / バスの運転手

ラップラオ通りからスティサーンのほうへ抜ける道を歩いていると、大きな家の門の前に2頭の犬がいるのを見た。犬たちは私を見てずいぶん怯えているように見えた。普段なら犬を見るとあれこれちょっかいを出すのだけれど、気の毒だからそうっと一枚撮って立ち…

自転車屋 / 国鉄

転倒の衝撃でギアがずれたのか、うまく動かなくなってしまった。バイクタクシー乗り場を見つけて、運転手たちに「この辺りに自転車屋はないか」と尋ねる。地域のことはバイクタクシーの運転手がよく知っている。運転手のおじさんたちが、あっちがいいだろう…

運河沿いの思い出 / 小さな巻尾の犬

ずいぶん昔、旅行で訪れたバンコクである人に出会った。バンコクに住んで働いていたことがあるという彼は、タイのおもしろい話をたくさんしてくれた。安宿で知り合った私をふらりと町歩きに誘って、プラトゥナームまで行くと運河ボートに乗りラムカムヘンま…

バンカピ市場 / 野良犬ポテ

ノーンカーイからの夜行バスは5時少し前にチャトゥチャックのナコーンチャイエアーに到着した。バスの中で熟睡していたようで、目が覚めたらほかの人たちはもうバスを降り始めていた。急いで荷物をまとめてバスを降り、すぐに自転車を漕ぎ始める。漕いでいる…