モスクと学校 / 眠い犬

f:id:inu_grapher:20170115194223j:plain

植木を売るお店が何軒か続き、もうしばらく行くと十字路の先に生きたアヒルがたくさん売られているところを通る。その先に緑色の小さなモスクがある。小学校が併設されているようで、ちょうど学校の終わる時間だったのか、生徒たちがたくさん出てきて賑やかだった。

 

f:id:inu_grapher:20170115194345j:plain

コンビニの前で宝くじを売っていたおじさんが「デーン、外国から取材が来たぞ。起きろ」と寝ている野良犬を起こそうとする。足をぎゅうぎゅう引っ張っても、抱きかかえて無理やりに体を起こしても、犬は目を覚まさなかった。目を開けることも少しもなく、終始スヤスヤと熟睡しているみたいに見えた。まるで酔って寝込んだ人みたいだった。

 

2017年1月9日(月)